外資系でよく聞く「ワークライフバランス」とは

ワークライフバランスの考え方について

外資系企業ではワークライフバランスという言葉をよく聞くものです。仕事とプライベートのバランスを取った働き方を進めることで、充実した働き方の実現を目指すのがワークライフバランスの概念です。日本企業で、仕事とプライベートの充実というと、定時に帰ってプライベートを楽しむことをイメージするものですが、外資系企業で使われるワークライフバランスの意味は、時間的な切り分けではなく、仕事と私生活のバランスを取ることになります。 会社での就業時間がすべてではなく、自宅に帰ってから余裕のある時間に仕事をこなすなど、一日の時間のなかで仕事に割り当てる時間と、プライベートにあてる時間のバランスを取ることを目指すのが、ワークライフバランスの意味するところなのです。

外資系で導入されるワークライフバランスの取り組み

外資系企業で見られるワークライフバランスの取り組みには、フレックス勤務に代表される短時間勤務があります。仕事と生活のバランスを取るにも、決められた出社時間では難しいものがあるのも実情でしょう。フレックス勤務が可能な会社であれば、自分の都合に応じて、会社で業務を進める時間と、自宅やカフェなどのプライベートな時間に行う仕事の切り分けを行えるのです。

高いモチベーションを持って、仕事に取り組んでいくには、プライベートが充実していることが大切なものです。日本企業のように、長時間に亘って会社にいる状態が続いていては、プライベートな時間を自由に作れないのも実情です。育児や家族サービスを行いながら、自分の仕事に専念できるのがワークライフバランスの魅力なのです。

© Copyright Workplace Changes. All Rights Reserved.