時間や場所にとらわれない働き方が実現出来る!

日系企業とは働き方の考え方が根本的に違う

外資系企業というと給料がたくさんもらえるというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。このイメージはあながち間違いではなく、同じ年代の人でも日系企業と外資系企業では1.5倍から場合によっては2倍くらい給料に差があると言われています。しかし日系企業と外資系企業との違いはそれだけではありません。日系企業と外資系企業では働き方についての考え方も根本的に異なります。日系企業というのは現在ではかなり変化しつつありますが、それでも「長い時間会社に居続けている人がたくさん仕事をしている」という考え方となっているのが一般的です。いっぽう外資系企業の場合、残業をたくさんしている人というのは時間内に仕事が終われない人という扱いで、むしろあまり高い評価をしてもらえません。

働く時間や休暇もかなり自由

ですから与えられた仕事はきっちりとこなしていかなければ厳しい評価がされるものの、ノルマさえ着実にクリアしていくことが出来ていれば、日系企業よりもかなりプライベートを重視した働き方をすることが出来ます。日本の企業の場合は全く仕事が無くても有休を使わない限りは退社時間まで会社に残らなければいけませんが、外資系企業の場合はその日の業務が例えば午前中に終われば、午後からは退社して自由な時間を過ごすことが出来ます。日系企業では何週間も休んで旅行に行ったりすることはなかなか認めてもらえませんが、外資系企業であれば仕事さえしっかりとこなせていれば長期休暇を取得して旅行に行ったりすることも問題なく許可してもらえるでしょう。

© Copyright Workplace Changes. All Rights Reserved.