報酬が高い反面、成果が求められる!

残した結果に見合った報酬が受け取れる

外資系の大きな特徴の一つに報酬の高さがあげられます。結果を残せばそれに見合った報酬を受け取ることができ、日本の企業のようにいくら結果を残しても全く給料が上がらないということがありません。結果こそが全てなので上司にゴマをすって取り入るという必要もなく、結果さえ残していればそれで認められるという仕組みになっています。本人のやる気さえあればいくらでも稼ぐことができ、上を目指すことができるのです。そのため、どれだけ結果を残しても給料が上がらない、仕事ができるできないとは別の上司に気に入られているかどうかで出世や昇給が決まる日系企業に対して不満を抱いているという人にとっては、魅力的で最適な職場といえるでしょう。

結果が出ないと居場所もなくなる

外資系企業は能力があればいくらでも稼ぐことができ上に上がれますが、その反面常に成果を求められる厳しさがあるということも忘れてはなりません。日系企業は年功序列で給料があがっていき、あまり成果が出なくても周りにいい顔をしていればそれで安泰な部分があります。外資系ではそのようなことは一切なく、結果を残すことができるかどうかが全てなのです。高い給料を支払って雇っているのだから、成果が出ないのであれば評価が下がるのは当然という考え方で、報酬が減るだけならまだしも職自体を失ってしまう厳しさもあります。実力がある人には実力を認めてもらえる理想の環境となりますが、その一方で常に競争にさらされる厳しい環境であることを忘れてはなりません。

© Copyright Workplace Changes. All Rights Reserved.