転職エージェントのデメリットも知っておこう

企業が限定されてしまうケースがある

仕事探しから面接対応まで幅広いサポートを行ってくれる転職エージェントは、転職を希望する人の強い味方となってくれます。一見するとメリットしかないようにも思われますが、利用する上でいくつか気を付けなくはいけない点もあります。その一つが紹介される企業の限定です。転職エージェントは取引先の企業の人事担当者から依頼をされる形で就職希望者を探すのが役割とされています。そのため、エージェントによっては紹介する企業がこうした取引先だけに限定されてしまうというケースも少なくありません。別の企業を希望する場合、エージェントに相談をすることで探してもらうこともできます。しかし、その企業がエージェント経由での採用を行っていないと応募することすらできないので注意が必要です。

エージェントのペースで進められてしまうこともある

転職エージェントの多くは採用後に、企業から人材の紹介料という形で報酬を受け取っています。そのため、エージェントの中には報酬を受け取りたいがめに、応募者の希望に沿わない企業でも強引に説得をして就職をするように仕向ける人もいるので注意が必要です。提案された企業が自身の求める条件であればなんら問題はありませんが、言われるがままに就職をした結果、仕事や職場環境に不満が出てすぐに辞めることになっては意味がありません。信頼できるエージェントはこちらの意見をしっかりと聞いた上で時間を掛けてでも条件に見合う企業を見つけてくれます。不自然に就職を急かすような行動を取る場合には、エージェントを変えることが大切です。

© Copyright Workplace Changes. All Rights Reserved.